ブロック塀診断士のホームページはこちらです|日本エクステリア建設業協会(JPEX)
ブロック塀診断士
ブロック塀診断士とは
ブロック塀診断士の仕事
 地域の安全、環境保持目的に、ブロック塀の危険個所の調査を行い、地震等における災害を防止する。
 また、リフォーム需要に対応し、既設ブロック塀の診断業務を行う。
求められる技術者
 世界有数の地震国である我が国には危険な建物が多く存在しており、国の政策として耐震改修が進められています。
 しかし、特に地震対策を強力に推進しなければならないブロック塀に関しては、充分な対応とは言えないのが現実であります。
 ブロック塀の倒壊による人命に関わる災害を防止する為、新規工事の安全基準の遵守、既設ブロック塀の調査点検などの活動などにより、地域の安全、環境保持のできる技術者が求められています。
資格制度
 ブロック塀診断士の資格制度は、平成7年10月「建築物の耐震改修の促進に関する法律」(法律123号)が制定されたのを受けて、平成10年4月、既設のブロック塀等の性能評価を行う者の資格を認定し、地域の行政庁との緊密な連携のもとにブロック塀等の危険個所の改善の為の指導を行い、地震・台風におけるブロック塀等の災害を防止することを目的として制定された制度です。
 実際の診断活動で診断士登録をしていない場合、「ブロック塀診断士」を名乗ることは出来ません。
 また、平成25年度からブロック塀診断士の資格は5年ごとの更新登録が義務付けられています。
協会の役割
 診断士のための講習会やセミナー、試験、情報提供などは日本エクステリア建設業協会(JPEX)のみができることになっています。
 ブロック塀診断士は商標登録されています。
都道府県別 ブロック塀診断士リスト
2019年6月30日現在のブロック塀診断士リストを掲載しています。
※ホームページ掲載や行政提出を希望されない診断士の方は、当方事務局までご連絡ください。
〒111-0052 東京都台東区柳橋1−5−2 ツネフジビルディング5階
TEL:03-3865-5671 FAX:03-3863-7727